ゴルフプレーで大切なこと

ゴルフスイングでの捻転

ゴルフスイングの基本としては、ウエートを移動して股関節を内旋・外旋させることによって骨盤をターンさせれば良いという話は聞きます。言うは易しというものです。簡単に体得できる技とは思えません。

「腰を切る」と呼ばれる動きを電車待ちのホームで傘を使って練習している人の滑稽なことといったら失礼でしょうか。骨盤がターンする動きにつられて体幹が回り、肩が回り、腕が動き、ヘッドが動くという順番があるようです。

骨盤の回転運動、ヘッドスピードを生み出すだけでなく、ゴルフスイング動作に大きな影響を与えると誰もが口にします。

テークバックで右足にウエートをかけると、右股関節が内旋して、骨盤が右にターンするようです。大腿骨の曲がったネックが骨盤の真横についているために、ウエートをかけるだけで、股関節は勝手に内旋すると説明されますが、正直戸惑います。

人間の体はなんとも巧妙なようです。テークバックで右股関節にウエートをかけたとき、右ヒザがスエーしないように我慢すれば良いのでしょうが、こんなゴルフスイングは難し過ぎです。ゴルフスイングの基本上達法としてとらえるべきでしょうか。

右ヒザでウエートシフトを受け止めてはじめて、右股関節が最大に内旋して、骨盤がリミットまで回ると力説されては従うしかないでしょう。

トップ・オブ・スイングで、踏ん張っていた右脚が我慢のリミットに達した瞬間に右脚をゆるめると、引き伸ばされていた内転筋などが伸長反射で一気に収縮し、ウエートが左足に移り骨盤が左に回り始めるようです。

切り返しの一瞬ですから難しいことです。左足にウエートをかけていくと左股関節が内旋し、骨盤がさらにターンします。全てのウエートを左足に乗せながらボールを打ち抜ければゴルフスイングは上出来でしょう。

テークバックで肩を入れる

テークバックで肩を入れようとすると、肝心の骨盤を回すのがおろそかになるという人もいます。右股関節にウエートをかけて骨盤をターンさせれば、自然に肩は入るというのです。

骨盤を存分にターンさせるには、腰を入れて構えることが必要でしょう。股関節から上半身を前傾させて、背筋を伸ばす要領のようです。そこから、ヒザを軽く曲げ、重心を下げてどっしりとしたスタンkスにします。

太ももの前面にある大腿四頭筋が強く張っていて、上半身の力は抜けていくと言われましてもね。自然に下半身から始動することができる構えらしいのですが難しいものです。

体にセンター軸が通っていて安定感に溢れて、上体の力は抜けてリラックスして、下半身には力強さと粘り強さが生まれるようです。息は深くゆるやかにして、まさにリラックスです。

次の瞬間に備えて集中している状態になるようです。真っすぐ立った状態では、いくら右足にウエートを乗せても、右股関節はターンしません。

右足にウエートをかけたまま、お尻を後ろに突き出しながら腰を入れると、勝手に右股関節が内旋して、骨盤が右ヘグイッとターンするらしいのですがうまくできません。腰を入れて始めて股関節を使えるのだと強く指導されるともうダメです。

ゴルフスイングの基本はスタンスからスタートして、テークパックのゴルフスイングからダウンスイング、フォロースルーに至るまで、ずっと腰を入れておくことが必要のようです。

このサイトでは、ゴルフスイングとスコアメイクについて少しばかりまとめてみたいと思います。その前に、ゴルフプレーで大切なことってどんなことを思いう浮かべますか。それは、もちろんよいスコアをマークするとか、ゴルフスイングを上達してスカッとボールを飛ばすといったことも考えられます。

けれどもそうした、自分自身のスコアアップのためにすることばかりではありません。ゴルフプレーの進行を円滑にするためには、自分の打ったボールがどこに落ちるのかをよく見ておくが挙げられます。

実際のところ、自分が打ったボールの行方をよく見ていないプレーヤーが多いのが現状です。自分のボールを追いかけるのはもちろんですが、他のプレーヤーのボールの行方をしっかり見るのも、マナーのひとつと考えられます。

もしも、メンバーの一人が林に打ち込んでしまったら、自分のプレーに余裕がある時ならば一緒に探してあげるのは当然のマナーと言えるでしょう。特に近年の傾向としてセルフプレーが増えており、キャディさんがいないので同伴しているプレーヤー全員が、すべてのボールの行方を確認しておかないとボール探しに時間がとられて、後続のグループにも迷惑をかけることになります。

また、ショットした本人がインパクトの感触などを頼りにして、ボールがどこに飛んで行ったかを判断するのも非常に大切な行為です。ボールが左右どちらかに曲げてしまっても、他人ばかりをあてにしないで、自分で探し出す習慣が定説です。自分で確認できるようになるとプレーもスムーズに運びます。

ドライバーの目標

スコアメイクの第一歩としては、ドライバーショットを安全な場所に飛ばすことが挙げられます。飛距離を伸ばすことよりも、狙った方向にどれほど正確にボールを運ぶかが重要なポイントです。飛距離が出るクラブだにけ左右のブレが大きくなりますので、まずはOBやハザードなど絶対に打ってはいけないエリアを避ける工夫を優先しましょう。

仮に、左にOBがあるホールでは、フェアウェイの中央をターゲットにして打った結果、左に曲がるとOBまで行ってしまう危険性があります。そこで、フェアウェイの右サイドを狙うことでOBに打ち込む不安感がなくなります。

そして、右に曲がってラフまで飛んだとしてもダメージはかなり低いものに抑えられます。精神的にも安心できる状況を作ることはミスショットをの確率を低くできますが、だからといってOBを極度に恐れて右方向を狙いすぎると逆効果になりますの、その辺りの状況判断は大切です。