ゴルフプレーで大切なこと

このサイトでは、ゴルフスイングとスコアメイクについて少しばかりまとめてみたいと思います。その前に、ゴルフプレーで大切なことってどんなことを思いう浮かべますか。それは、もちろんよいスコアをマークするとか、ゴルフスイングを上達してスカッとボールを飛ばすといったことも考えられます。ゴルフスイングの上達に関しては、ゴルフスイングの基本上達法のサイトが有名です。

けれどもそうした、自分自身のスコアアップのためにすることばかりではありません。ゴルフプレーの進行を円滑にするためには、自分の打ったボールがどこに落ちるのかをよく見ておくが挙げられます。

実際のところ、自分が打ったボールの行方をよく見ていないプレーヤーが多いのが現状です。自分のボールを追いかけるのはもちろんですが、他のプレーヤーのボールの行方をしっかり見るのも、マナーのひとつと考えられます。

もしも、メンバーの一人が林に打ち込んでしまったら、自分のプレーに余裕がある時ならば一緒に探してあげるのは当然のマナーと言えるでしょう。特に近年の傾向としてセルフプレーが増えており、キャディさんがいないので同伴しているプレーヤー全員が、すべてのボールの行方を確認しておかないとボール探しに時間がとられて、後続のグループにも迷惑をかけることになります。

また、ショットした本人がインパクトの感触などを頼りにして、ボールがどこに飛んで行ったかを判断するのも非常に大切な行為です。ボールが左右どちらかに曲げてしまっても、他人ばかりをあてにしないで、自分で探し出す習慣が定説です。自分で確認できるようになるとプレーもスムーズに運びます。

ドライバーの目標

スコアメイクの第一歩としては、ドライバーショットを安全な場所に飛ばすことが挙げられます。飛距離を伸ばすことよりも、狙った方向にどれほど正確にボールを運ぶかが重要なポイントです。飛距離が出るクラブだにけ左右のブレが大きくなりますので、まずはOBやハザードなど絶対に打ってはいけないエリアを避ける工夫を優先しましょう。

仮に、左にOBがあるホールでは、フェアウェイの中央をターゲットにして打った結果、左に曲がるとOBまで行ってしまう危険性があります。そこで、フェアウェイの右サイドを狙うことでOBに打ち込む不安感がなくなります。

そして、右に曲がってラフまで飛んだとしてもダメージはかなり低いものに抑えられます。精神的にも安心できる状況を作ることはミスショットをの確率を低くできますが、だからといってOBを極度に恐れて右方向を狙いすぎると逆効果になりますの、その辺りの状況判断は大切です。